首里染織館suikara~沖縄の染織~

今年の春にオープンした那覇にある首里染織館suikaraのHPを見て、ずっと行きたいなと思っていましたが、念願叶いました\(^o^)/
HPの動画は、完成度が高く、染織の工程がよくわかります。
予習におすすめ❣

先月末、羽田は灼熱でしたが、那覇空港についた時の涼しさは驚きでした。
夫と早めの夏休みを沖縄で過ごしました(*^^*)
夏に沖縄?と、思っておりましたが、台風を避けることができれば、夏こそ沖縄です♪

雲が低くて、空が近く感じます!

美しい海、心地よい海風、沖縄の風土が生んだ沖縄の染織、沖縄の中でも首里では、王家へ献上するために究極までを追求した格調高く美しい染織技術が発達したそうです。
琉球紅型の色鮮やかな配色は、海外交易により、多くの染料も手に入りやすかったという事情もあったそうです。

首里染織館は、まだあまり広く知られていないようで、職人さんは多くいらっしゃいましたが、見学者はほとんどいませんでした。
お陰で、各階で詳しい説明をしていただくことができました。
那覇空港にも近く、駐車場もあり、入館料も無料という、お着物好きにはぜったいおすすめのスポットです。

1階は、展示ギャラリーやショップがあります。
色鮮やかな紅型のイメージですが、販売品は現代風に抑えたお色味で、帯とのコーディネイトも素敵でした。
やはり沖縄の着物だけあって、とても涼しげでした♡

2階は、琉球びんがたの工房があり、紅型の体験もできるようになっています。

3階は、機織り機が沢山あって、研修生がいました。
首里織には、格式の高いとされる首里花蔵織、ポピュラーな首里花織、両面使用できる首里道頓織、絣の原型ともいわれる首里絣、そして首里ミンサーなどがあります。

好きだからこそ続けられると職人さん方は口を揃えておっしゃいますが、これほどの手間暇をかけて制作するので、その技術と労力に対して考えるととても安く提供してくださっていると思います。
しかし、それでも気軽には購入できない価格です。
日本の染織技術がこれからも存続するために、どうすればよいのでしょう。
この首里染織館suikaraは、補助金で作られたそうですが、株式会社として運営しなければいけないということをお話されていました。

先日海外ブランドが、京都の染の着物の反物からつくった洋服を発表していました。
染織の技術を残す一つの可能性かもしれません。

着物としても残って欲しいと、着付け師のわたくしは願います。
わたくしにできること、なにかあるといいな。

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

「KIMONO IYOTA」主宰
着付け師
着付け講師
美容師
お仕事きものコンシェルジュ
フォーマルウエアマイスター
骨格スタイルアドバイザー
美塾プロデュースナチュラルメイクアップアーティスト
WPA協会認定プロフェッショナルプランナー

わたくしは、七五三の御祝着から花嫁衣装、年齢でいうと幼児から88歳の方までに、着物をお着せしてきました。
思い返せば着付け師になるという夢の種は、幼い頃に見た母の花嫁姿メイキングの8ミリビデオによって、わたしの心に蒔かれていました。
しかし、その種は芽を出すことなく、自分自身もその種に気づくことなく、長い年月を主婦として暮らしてきました。
そして、子供の手が離れた頃に通っていた着付け教室で、外国人留学生に振り袖を着せるという海外交流事業に参加することとなりました。
自分の振り袖姿を見た時の飛び上がるように大喜びをする外国人留学生達を目にした時、わたくしができることで、こんなにも喜びを感じていただけることがあったのだと、感激し、その日から、その笑顔が忘れられなくなりました。
そのこともきっかけのひとつとなり着付け師となり、着付けを仕事としてするようになりました。
そうした中で、和装はヘアアレンジやメイクアップも含めたトータルビューティーが重要であるとの実体験から、美容師の免許を取得し、ヘアアレンジやメイクアップの学びも深めてまいりました。
よりお客様の着物姿が素敵に輝きますようにとの想いを込めて日々精進しております。
これまでの学びの中で得た知識と技術、加えてわたくしの実体験が皆様のお役に立てれば嬉しく思います。

姉妹サイト出張着付けヘアメイク うすべに葵
姉妹ブログ喫茶去~きものサロン~

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:080-7025-9985

留守番電話に お名前とお電話番号をお残しください。