長襦袢(ながじゅばん)

長襦袢とは、肌襦袢の上・着物の下に着用するものです。
半衿を付け、中に衿芯を通して着ます。
主に着物の滑りをよくして着やすくしたり、形を整えて着崩れをしにくくしたりする役割をもっています。
また、袂の振りや袖口からチラリと見えるため、着物姿をおしゃれに仕上げるポイントにもなります。

正絹のものポリエステルのもの、肌襦袢と長襦袢が合体した嘘つきと呼ばれるもの、替え袖・替え衿が簡単にできるもの、2部式などタイプは様々です。
半衿は、季節の衣替えに合わせますが、長襦袢の袖も、季節感は大切です。
単仕立て、無双仕立て(袖全体が二重)、半無双仕立て(袖口と振りという、外側から見える部分だけを二重に)があります。
半無双仕立ては、生地の節約という昔の人の知恵も合ったと思いますが、衣替えカレンダーは守りたいけど、少しでも軽く&涼しくしたいという願いも叶えてくれますね。

  

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

「KIMONO IYOTA」主宰
着付け師
着付け講師
美容師
お仕事きものコンシェルジュ
フォーマルウエアマイスター
骨格スタイルアドバイザー
美塾プロデュースナチュラルメイクアップアーティスト
WPA協会認定プロフェッショナルプランナー

わたくしは、七五三の御祝着から花嫁衣装、年齢でいうと幼児から88歳の方までに、着物をお着せしてきました。
思い返せば着付け師になるという夢の種は、幼い頃に見た母の花嫁姿メイキングの8ミリビデオによって、わたしの心に蒔かれていました。
しかし、その種は芽を出すことなく、自分自身もその種に気づくことなく、長い年月を主婦として暮らしてきました。
そして、子供の手が離れた頃に通っていた着付け教室で、外国人留学生に振り袖を着せるという海外交流事業に参加することとなりました。
自分の振り袖姿を見た時の飛び上がるように大喜びをする外国人留学生達を目にした時、わたくしができることで、こんなにも喜びを感じていただけることがあったのだと、感激し、その日から、その笑顔が忘れられなくなりました。
そのこともきっかけのひとつとなり着付け師となり、着付けを仕事としてするようになりました。
そうした中で、和装はヘアアレンジやメイクアップも含めたトータルビューティーが重要であるとの実体験から、美容師の免許を取得し、ヘアアレンジやメイクアップの学びも深めてまいりました。
よりお客様の着物姿が素敵に輝きますようにとの想いを込めて日々精進しております。
これまでの学びの中で得た知識と技術、加えてわたくしの実体験が皆様のお役に立てれば嬉しく思います。

姉妹サイト出張着付けヘアメイク うすべに葵
姉妹ブログ喫茶去~きものサロン~

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:080-7025-9985

留守番電話に お名前とお電話番号をお残しください。