衿芯(えりしん)

衿芯は、長襦袢にかけた半衿に入れて使うものです。
衿の形を整えることが役割です。
衣紋が美しく抜ければ、着物は綺麗に着れるので、衿芯は重要です。
カジュアル着物には、柔らかな薄いものが、馴染みよく最適ですが、重厚なフォーマル着物には、しっかり厚みのあるものを使うとよいでしょう。
最近では、夏のおしゃれ着として浴衣の衿にも入れられるようになりました。
通気性の有るメッシュタイプがおすすめです。
ストレートタイプと、船底タイプと言って少しカーブしているタイプが一般的です。

 

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

着もの美心コンシェルジュ
ジャパニーズスタイルアーティスト
「着もの美心 着る心」主宰
着付け師
着付け講師
美容師
お仕事きものコンシェルジュ
フォーマルウエアマイスター
骨格スタイルアドバイザー
美塾プロデュースナチュラルメイクアップアーティスト
WPA協会認定プロフェッショナルプランナー
わたくしは、着物とともにある日々を16年、着付け師として10年、和のヘアメイクを手掛けて7年の歳月を過ごしてきました。
これまでの学びの中で得た知識と技術、加えてわたくしの実体験が皆様のお役に立てれば嬉しく思います。

姉妹サイト出張着付けヘアメイク うすべに葵
姉妹ブログ喫茶去~きものサロン~

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:080-7025-9985

留守番電話に お名前とお電話番号をお残しください。