夢訪庵×キラトワニー@円居

浜町のきもの和の暮らし円居さんで、夢訪庵 桝蔵展示会が11月13日まで開催中です!
桝蔵さんとの偶然?必然?の奇跡的な出会いは、8月でした。
いままで、わたくしが知らなかった着物の世界の扉が開いたような感覚です。

そして、今月、円居さんで再会し、キラトワニーの笹本絵里さんはじめ、着物が大好きな多くの方とのご縁を結んでくださいました❤
↓開催中の展示会です。
夢訪庵の帯から制作されたキラトワニーの展示即売会も同時開催されています。

大人も締めれる!品ある可愛さ❤蝶々&お花↓

フェルナンブーコは木の名称で、弦楽器の弓(高級な)のスティック(棹)に用いられているものなのですが、それを染料にすると、薄いピンクから赤系の紫まで多様な赤に染まるのだそうです。
ワシントン条約に記載され、もう手に入らない貴重な木であるフェルナンブーコを入手して、染料にしているのは、桝蔵さんだけだそうです!↓

円居さんのHPより

心踊る装い 夢訪庵 桝蔵
櫛織、すくい織、モール織等、様々な織の技術と天然染料にこだわった糸染め、箔や漆を施した和紙を織り込むなど受け継いだ西陣織の伝統技術を守りながらも代表の桝蔵順彦さんが常に新たな技術、素材に挑戦する中で生み出される夢訪庵さんの帯。

施される意匠も世界各地、古代から現代まで幅広く、思わず笑みがこぼれるユニークなもの、はたまた溜息の出る様な美麗なモチーフが施され、装う度に心が踊ります。

原料、織の技術にこだわり抜いた帯と反物をご紹介いたします。

夢訪庵・桝蔵順彦 在店:11月4日(金)~6日(日)・11日(金)~13日(日)

見るだけ、聞くだけ(桝蔵さんのお話はとても興味深く勉強になります❤)、大歓迎してくれます♪

わたくしは、キラトワニーのクラッチバッグを手にしたとき、7年間締めていなかったこの帯に合わせたい!と瞬時に思いました。
そんな気持ちにさせてくれるバッグって、初体験❤

クラッチバッグは、完全に片手が塞がってしまうのが悩ましいところ、、、ですが、手を空けたいときには、お太鼓の中にさっとin!
数寄屋袋よりも出し入れしやすい(^_-)-☆

その後、桝蔵さんと笹本さんと斉藤さん(この方とは増上寺で運命の出会い?!)と夕食をご一緒して、来年4月の恒例代官山夢訪庵展のお話などに花が咲きました♪

 

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

「KIMONO IYOTA」主宰
着付け師
着付け講師
美容師
お仕事きものコンシェルジュ
フォーマルウエアマイスター
骨格スタイルアドバイザー
美塾プロデュースナチュラルメイクアップアーティスト
WPA協会認定プロフェッショナルプランナー

わたくしは、七五三の御祝着から花嫁衣装、年齢でいうと幼児から88歳の方までに、着物をお着せしてきました。
思い返せば着付け師になるという夢の種は、幼い頃に見た母の花嫁姿メイキングの8ミリビデオによって、わたしの心に蒔かれていました。
しかし、その種は芽を出すことなく、自分自身もその種に気づくことなく、長い年月を主婦として暮らしてきました。
そして、子供の手が離れた頃に通っていた着付け教室で、外国人留学生に振り袖を着せるという海外交流事業に参加することとなりました。
自分の振り袖姿を見た時の飛び上がるように大喜びをする外国人留学生達を目にした時、わたくしができることで、こんなにも喜びを感じていただけることがあったのだと、感激し、その日から、その笑顔が忘れられなくなりました。
そのこともきっかけのひとつとなり着付け師となり、着付けを仕事としてするようになりました。
そうした中で、和装はヘアアレンジやメイクアップも含めたトータルビューティーが重要であるとの実体験から、美容師の免許を取得し、ヘアアレンジやメイクアップの学びも深めてまいりました。
よりお客様の着物姿が素敵に輝きますようにとの想いを込めて日々精進しております。
これまでの学びの中で得た知識と技術、加えてわたくしの実体験が皆様のお役に立てれば嬉しく思います。

姉妹サイト出張着付けヘアメイク うすべに葵
姉妹ブログ喫茶去~きものサロン~

関連キーワード

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:080-7025-9985

留守番電話に お名前とお電話番号をお残しください。