着物のメンテナンスその1

着物ライフを始める時に、「着物を着た後は、どうすればいいの?」というのは、多くの方が抱く不安事項でしょう。
わたくしの場合をご紹介いたします。

正絹の着物にシミを付けた場合は、できるだけ早く専門店に持っていくしかありません。
わたくしが正絹の着物を着る時には、最大限立ち居振る舞いに気を使います。
その気遣いは、着物を着る効用(着物を着るとエレガントに見える!?)にも繋がります♪

一方、今日は気楽に楽しみたいという時には、シルック着物を着たり、そろそろお手入れに出すタイミングと思う着物を着ます。
「汚したらどうしよう!」ということがハードルになって着物と疎遠になってしまっている方には、お勧めの方法です。
そうして着物を着ることに慣れてくると、そうそう汚すことはありません。
わたくしの場合、むしろ、洋服のときのほうがシミを付けたりしてしまってます^^;

もうひとつの関門は、「電車の中でどうするか?」です。
1.正絹の着物には、ちりよけコートを着る
2.シルック着物を着る
このどちらかの方法があるだけで、着物のメンテナンスは楽になります。

要するにわたくしの着物メンテナンス法は、いかに汚さないか!と、自分で洗う!に付きます。
そうすると、着物を着ることに対するハードルはぐっと下がります(^_-)-☆

わたくしが自分で着物を洗うことに抵抗がないのは、シルック着物(洗える着物)ということもありますが、「ハイ・ベック」に信頼をおいているからです!
シルックといえど、他の洗える衣類からもわかるように、水洗いというのは心配なものです。

ドライクリーニングマークの付いているほぼあらゆる衣類(ワンピースからダウンコートまで)をわたくしは「ハイ・ベック」で洗っていますが、ほぼトラブルはありません。
なにより、普通のクリーニングでは落ちない水溶性の汚れが落とせるという点は、なににも代えがたい嬉しいポイントです。

本日、わたくしのお気に入りショップ「SHOP CHANNEL」で、「ハイ・ベック」の特売?(52%OFF)をしていることを知り、急遽ブログにてご紹介したいと思いました。(*^^*)
詳しく動画で説明されてます。↓

ショップチャンネル

今我が家で使っているものは↓ですが、溶液の性質上、ついつい多く入れてしまいがちで、そのことは気になっていました。
しかし、新しいポンプ式は、計量も簡単そうです。
我が家のハイ・ベックは最後の一つになって、心もとないな~と思っていました。
ベストタイミングです\(^o^)/

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

伊與田(いよた) 利恵(としえ)

着もの美心コンシェルジュ
ジャパニーズスタイルアーティスト
「着もの美心 着る心」主宰
着付け師
着付け講師
美容師
お仕事きものコンシェルジュ
フォーマルウエアマイスター
骨格スタイルアドバイザー
美塾プロデュースナチュラルメイクアップアーティスト
WPA協会認定プロフェッショナルプランナー
わたくしは、着物とともにある日々を16年、着付け師として10年、和のヘアメイクを手掛けて7年の歳月を過ごしてきました。
これまでの学びの中で得た知識と技術、加えてわたくしの実体験が皆様のお役に立てれば嬉しく思います。

姉妹サイト出張着付けヘアメイク うすべに葵
姉妹ブログ喫茶去~きものサロン~

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:080-7025-9985

留守番電話に お名前とお電話番号をお残しください。